カタカムナ総合図象

カタカムナ総合図象

80種の中心に据えられている総合図象は次の三種類からなる。

●ヤタノカカミ
画像

大円と小円および十字の完全図象「八鏡」(ヤタノカカミ)である。48個の「カタカムナ図象文字」はこの文字の大円、小円、十字を分割削除して創られている。80個の渦巻き図象中71個の渦巻きの中心にこの図が描かれている。

●フトマニ
画像

楢崎氏によれば、「剣」(つるぎ)の断面を表わす。80個の渦巻き図象中では7個の中心にこの図が使われている。また、この文字の分割削除からは数字図象が作られる。

●ミクマリ
画像

方向を示す十字と小円(鏡)がないので、「あらゆる要素が和して、あらゆるものが発生する」ことを意味する。カタカナの「ワ」に相当する。80個の渦巻き図象では、2個の中心にこの図がある。

カタカムナ哲理の構造解析考からの引用
http://www.marino.ne.jp/~rendaico/gengogakuin/mojikakutokuhico/katakamunagoco/mojikozoco.htm

この記事へのコメント